文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コバイケイソウ

コバイケイソウ [小梅蕙草]

  • コバイケイソウ
  • コバイケイソウ
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
茎先に太い円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い花をたくさんつける。 真ん中の長い花穂には両性花がつく。 脇に枝分かれしてつく花穂には雄花がつく。 花被片は長卵形で、6枚ある。 雄しべは6本で花被片より長く、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は黒紫色である。
葉の特徴
葉は幅の広い楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉脈は平行脈で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
和名の由来は、花が「梅」に、葉が中国産の「蕙蘭」に似ており、梅蕙草(バイケイソウ)より小振りなことからきている。 根茎にアルカロイドを含み、有毒である。 花を咲かせるに十分な養分を必要とし、数年に一度しか咲かない。 属名の Veratrum はラテン語の「verator(予言者)」からきている。この属の植物の根にくしゃみを起こさせる薬効があり、北ヨーロッパに「くしゃみをしてから言うことは真実」ということわざがあるため。 種小名の stamineum は「雄しべの」という意味である。
生育地 亜高山や高山の湿った草地や湿原
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~150センチ
分布 日本固有種 北海道から本州の中部地方
名前の読み こばいけいそう
分類 ユリ科 シュロソウ属
学名 Veratrum stamineum

コバイケイソウ [小梅蕙草]

今咲いている花

7月に咲く花

  • サンパチェンス

    色: オレンジ
    大きさ:40~80センチ
    花の特徴:花径は5~6センチで、花の色は白、赤、橙色、赤紫色などである。

  • レンゲショウマ

    色:
    大きさ:40~100cm 茎は直立し、上部で曲がる。
    花の特徴:茎先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を立て、花径3~4センチの淡い紫色の花を下向きにつける。 外側にあって白い花びらのように見えるのは萼である。 萼片の数は7~10枚ある。 内側にあって雄しべを取り囲むようにしている淡い紫色の部分が本当の花びら(花弁)である。 花弁の数は10~12枚である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ