文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コバノズイナ

コバノズイナ [木葉の随菜]

  • コバノズイナ
  • コバノズイナ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花を穂のようにつける。 花はよい香りがする。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。 日本にも自生する随菜(ズイナ)の葉は丸みを帯びるが、本種は細くて先が尖る。 秋には紅葉をする。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
別名をアメリカ随菜(アメリカズイナ)ともいう。 「随菜」の名の由来は、枝の隋を灯芯に、若葉を食用にしたことからきている。 属名の Itea はギリシャ語で「ヤナギ」を意味する。葉の形が似ていることから転用された。 種小名の virginiana は「バージニアの」という意味である。
生育地 庭木、盆栽
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 原産地は北アメリカの南東部 日本へは明治時代に渡来
名前の読み こばのずいな
分類 ユキノシタ科 ズイナ属
学名 Itea virginica

コバノズイナ [木葉の随菜]

今咲いている花

6月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ