文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コバノランタナ

コバノランタナ [小葉のランタナ]

  • コバノランタナ
  • コバノランタナ
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
花の特徴
葉の脇に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、小さな花をつける。 花の色は、淡い紅紫色、白、黄色、桃色などである。 花の色は変化しない。
葉の特徴
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。 葉の長さは2~3センチと小さく、それが和名の由来でもある。 葉には短い柄があり、艶があって縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒くなる。 種子は有毒である。
その他
種名のモンテビデンシスの名でも流通している。 属名の Lantana はヨーロッパ産の「Viburnum lantana」 からの転用である。花の形や花序が似ていることから転用された。 種小名の montevidensis は「モンテビデオの」という意味である。
生育地 庭植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 20~50センチ
分布 原産地は南アメリカ
名前の読み こばのらんたな
分類 クマツヅラ科 シチヘンゲ属
学名 Lantana montevidensis

コバノランタナ [小葉のランタナ]

同じクマツヅラ科に属する花

今咲いている花

4月に咲く花

  • オランダカイウ(カラー)

    色:
    大きさ:30~70センチ
    花の特徴:花のように見える白い部分は、サトイモ科特有の「仏炎苞」という部分である。 漏斗状に巻いている。 真ん中にある直立した黄色い部分が、小花の密生する肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)である。 黄色や桃色のものもあるが、中には品種が異なって畑地性のものもある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン