文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. コバンソウ

コバンソウ [小判草]

誕生花
-月 -日
花言葉
コバンソウ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 5月6月
花の色
名前の読み こばんそう
分布 原産地はヨーロッパ
日本へは明治時代の初期に観賞用として渡来
逸出したものが野生化
生育地 草地や砂地など
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 10~60センチ
分類 イネ科 コバンソウ属
学名 Briza maxima
花の特徴
イネ科の植物なので、小花をたくさんつけた小穂ができる。
それが細い柄につり下がった形でつく。
葉の特徴
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
実が稔ってくると黄金色になる。
この花について
その他
別名を俵麦(タワラムギ)と言う。
俳句の季語は夏である。
属名の Briza はライムギのギリシャ名をしたものである。
種小名の maxima は「最大の」という意味である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「コバンソウ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
5月6月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!