文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ゴウダソウ(ルナリア)

ゴウダソウ(ルナリア) [合田草]

誕生花
-月 -日
花言葉
ゴウダソウ(ルナリア)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月
花の色
名前の読み ごうだそう(るなりあ)
分布 原産地はヨーロッパの中央部。
日本へは明治時代に渡来。
北海道などで野生化
生育地 庭植え、 道ばた
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 40~90センチ
分類 アブラナ科 ゴウダソウ属
学名 Lunaria annua
花の特徴
茎先に(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2センチくらいの紫色ないし白の4弁花をつける。
アブラナ科特有の十字型の花びらで、雄しべは6本ある。
4本が長く、2本が短い。
葉の特徴
葉には柄があるが、上部の葉は柄が短く、柄のないものもある。
葉の形はハート形で、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後になる実は薄く半透明で団扇のような形をしている。
実はドライフラワーとして人気がある。
実の形から、ギンセンソウ(銀扇草)、ギンカソウ(銀貨草)、オオバンソウ(大判草)などの別名がある。
この花について
その他
日本では1901年(明治34年)に東京美術学校教授の合田清氏がパリから種子を持ち帰ったのが始まりである。
それが名の由来でもある。
学名からルナリアとも呼ばれる。
属名の Lunaria はラテン語の「Luna(月)」からきている。実の形から名づけられたものである。
種小名の annua は「一年生の」という意味である。
「銀扇草」「大判草」「銀傘草」という別名もある。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ゴウダソウ(ルナリア)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!