文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. サルスベリ

サルスベリ [百日紅]

  • サルスベリ
  • サルスベリ
  • サルスベリ
花の色 ピンク
開花時期 7月 8月 9月 10月
花言葉
神秘な心 , 勝利の寛容
花の特徴
枝先に円錐花序(花序の枝が枝分かれし、全体が円錐状に見える)をつける。 花序のつけ根のほうから咲き始め、次第に先まで花を開く。 1つ1つの花は、花びらは6枚で縮れており、萼は筒状で6つに裂ける。 花の色はピンクや白、紅紫色などで、花径は3~4センチくらいである。
葉の特徴
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
実の特徴
実は丸いさく果(熟すと果皮が裂開する果実)で、種子には翼がある。
この花について
漢字では「猿滑り」とも書く。 和名の由来は、樹皮が剥げやすく幹がツルツルしているので「猿も滑る」というところからきている。 別名を百日紅(ヒャクジツコウ)というが、これは花期の長さからつけられた名である。 俳句の季語は夏である。 属名の Lagerstroemia はスウェーデンの生物学者「Lagerstroumさん」の名からきている。 種小名の indica は「インドの」という意味である。
その他
PHOTO1/PHOTO2撮影者:[kenbo http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=5296 _blank]さん
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~10メートル
分布 原産地は中国南部 日本へは江戸時代に渡来
名前の読み さるすべり
分類 ミソハギ科 サルスベリ属
学名 Lagerstroemia indica

サルスベリの360度画像ビューワー

サルスベリの画像ビューワー1

サルスベリの画像ビューワー2

サルスベリ [百日紅]

今咲いている花

7月に咲く花

  • マスデバリア

    色: オレンジ その他
    大きさ:10~25センチ
    花の特徴:花茎の多くは直立し、先端に花をつける。 花は側萼片のみ大きく発達し、基部は合着して杯状を呈し、先端は長く尾状となる。

  • ハナキリン

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:10~200センチ
    花の特徴:花の脇から花茎を出し、4つずつ花をつける。 花の色は赤、桃色、橙色、黄色、白など豊富である。 ただし、花のように見えるのは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)で、本当の花は真ん中にある小さなものである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ