文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ) [サルビア・ガラニチカ]

  • サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)
  • サルビア・ガラニチカ(メドーセージ)
花の色
開花時期 7月 8月 9月
花言葉
家庭的 , 普遍愛
花の特徴
花の大きさは3~5センチくらいと大型で、濃い青紫色をした筒状の花をつける。
葉の特徴
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
その他
「メドーセージ」の名でも流通しているが、分類上のメドーセージ(Salvia pratensis)は別物である。 葉の緑、萼の黒とのコントラストも美しい。 属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。 種小名の guaranitica は「(パラグアイの先住民族)グアラニ族の」という意味である。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 100~150センチ
分布 原産地は南アメリカ
名前の読み さるびあ・がらにちか(めどーせーじ)
分類 シソ科 アキギリ属
学名 Salvia guaranitica

サルビア・ガラニチカ(メドーセージ) [サルビア・ガラニチカ]

今咲いている花

3月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン