文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. サンダーソニア

サンダーソニア [サンダーソニア]

  • サンダーソニア
  • サンダーソニア
  • サンダーソニア
花の色 オレンジ
開花時期 6月 7月
誕生花
11 月 28日
花言葉
祈り
花の特徴
花は茎の上部の葉腋に単生して下垂する。 花柄は長さ2~3cm。1花の寿命は約1週間。
葉の特徴
葉は互生し、無柄、披針形で先端は鋭尖形または巻きひげ状となる。
実の特徴
果実は蒴果、種子は球形、表面はいぼ状で暗褐色。
その他
1種からなる単型属。 属名は、この植物を発見した人物サンダーソンの名にちなむ。
生育地 過湿に弱く、乾燥に強い。 日当たりよく、排水良好な条件を好む。
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 約75センチ
分布 南アフリカのトランスバール南東部からスワジランド、ナタール、ケープ東部に分布。
名前の読み さんだーそにあ
分類 ユリ科 サンダーソニア属
学名 Sandersonia aurantiaca

サンダーソニアの360度画像ビューワー

サンダーソニアの画像ビューワー1

サンダーソニア [サンダーソニア]

今咲いている花

6月に咲く花

  • オニゲシ(オリエンタルポピー)

    色: オレンジ
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:花びらは4枚から6枚で、花びらの根元に黒いの斑点があるものとないものがある。 花径は10センチから15センチくらいである。 花の色は白、淡い紅色、濃い紅色、橙色などがある。

  • ハクサンイチゲ

    色:
    大きさ:20~40センチ
    花の特徴:茎先の苞葉(芽や蕾を包んでいる葉)の真ん中から数本の柄を出し、花径3、4センチの白い花をつける。 5枚から7枚の花びらのように見えるのは萼である。 花の真ん中には黄色い雄しべが密集し、緑色の雌しべとコントラストをなす。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ