文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. サンビタリア・スタービーニ

サンビタリア・スタービーニ

  • サンビタリア・スタービーニ
花の色
開花時期 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月
花言葉
私を見つめて
花の特徴
花径1センチ程の小さな黄色い花がつく。
生育地 鉢植え、庭植え
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 10~20cm
分布 アメリカ南西部、メキシコ
名前の読み さんびたりあ・すたーびーに
分類 キク科 サンビタリア属
学名 Sanvitalia speciosa

サンビタリア・スタービーニの360度画像ビューワー

サンビタリア・スタービーニの画像ビューワー1

サンビタリア・スタービーニ

今咲いている花

6月に咲く花

  • ハナビシソウ(カリフォルニアポピー)

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:枝分かれをした茎先に、花径4センチから6センチくらいの大きな花をつける。 花の色は橙色が基本だが、白や黄色、赤、桃色などのものもある。 花びらは4枚で、扇のような形をしている。 はじめは2枚の萼片に包まれているが、開花すると萼片は脱落する。 花は昼間は水平に開き、暗くなると閉じる。 雄しべはたくさんある。 雌しべは1本で、花柱は4つに裂ける。

  • ヤマツツジ

    色:
    大きさ:1~4m
    花の特徴:花の色は朱色のものが多いが、赤味が強いものもある。 花冠は花径4、5センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 裂片には丸味がある。 裂片のうち一番上のもの(上弁)には、濃い斑点がある。 雄しべは5本あり、長く伸びて先が上に曲がる。 白っぽい花粉は数珠のようにつながり、虫に運ばれやすいようになっている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ