文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. シオン

シオン [紫苑]

  • シオン
  • シオン
  • シオン
花の色
開花時期 8月 9月 10月
誕生花
10 月 7日
花言葉
喜びをください
花の特徴
花(頭花)は花径が25ミリから35ミリくらいである。 筒状花は黄色く、舌状花は淡い紫色である。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。 葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、両面に短い毛が生えていてざらつく。 下部につく葉ほど大きく、茎につく葉にはほとんど柄がない。 根際から生える葉には長い柄があるが、開花時期には枯れるものが多い。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
その他
栽培の歴史は古く、今昔物語にも「思い草」の名で登場する。 元々は根を薬用としたが、平安時代には鑑賞用として植えられるようになったという。 環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録されている。 鬼の醜草(オニノシコグサ)の別名がある。
生育地 山地のやや湿った所。
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 150~200センチ
分布 本州から九州にかけて分布。 野生のものは稀で、中国山地や九州山地にわずかに生育。 海外では、朝鮮半島、中国、シベリアなどにも分布。
名前の読み しおん
分類 キク科 シオン属
学名 Aster tataricus

シオンの360度画像ビューワー

シオンの画像ビューワー1

シオン [紫苑]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ユキモチソウ

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:葉の間から肉穂花序を立て、紫褐色の仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)をつける。 仏炎苞の外側には白い縦の筋が入り、内側は黄白色である。 真ん中に白い棍棒のような形で先が丸くふくれた付属体がある。

  • バイモ(アミガサユリ)

    色:
    花の特徴:中国原産の薬用植物だが、観賞用として庭にも植えられる。鱗茎は2個の白色鱗片からなる。花期は3-5月で、上部の葉腋に1個ずつつく。花被片は淡黄色、長楕円形で長さ25-30mm、はっきりしない網目模様があり、基部には腺体がある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ