文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シダレザクラ

シダレザクラ [枝垂れ桜]

  • シダレザクラ
  • シダレザクラ
花の色 ピンク
開花時期 4月
誕生花
4 月 1日
花言葉
ごまかし
花の特徴
小輪の一重咲きで、花の色は白か淡い紅色である。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
この花について
江戸彼岸(エドヒガン)という品種の枝垂れ性のものの名称である。 枝垂れ桜(シダレザクラ)のほうが先に学名をつけられたので、江戸彼岸(エドヒガン)はその型の1つとされている。 別名を糸桜(イトザクラ)ともいう。 天然記念物に指定されているような巨木がたくさんある。 八重咲きをする八重枝垂れ(ヤエシダレ)や紅色の濃い紅枝垂れ(ベニシダレ)などの園芸品種もある。
その他
PHOTO1撮影者:[mikio http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=4838 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[あんママ http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=4737 _blank]さん
生育地 公園樹 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5~15メートル
分布 本州から九州にかけて分布。 海外では、朝鮮半島にも分布。
名前の読み しだれざくら
分類 バラ科 サクラ属
学名 Prunus spachiana

シダレザクラ [枝垂れ桜]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ヤマシャクヤク

    色:
    大きさ:40~50cm
    花の特徴:茎の先に花径4~5センチの白い美しい花を上向きに1個つける。 花びらは5~7枚で、中心にたくさんの雄しべと2~4本の雌しべがある。 雌しべの赤い部分(柱頭)はやや曲がっている。 花びらは雄しべや雌しべを抱えるように咲く。

  • スズラン

    色:
    大きさ:20~40センチ
    花の特徴:「鈴」のような白花を十数個下垂して咲かせる。 花は普通は葉に隠れるように咲く。 そこから君影草(キミカゲソウ)の別名がある。 芳香があり、香水の原料にもなる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ