文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シマカンギク(アブラギク)

シマカンギク(アブラギク) [島寒菊]

  • シマカンギク(アブラギク)
名前の読み しまかんぎく(あぶらぎく)
分類 キク科 キク属
学名 Chrysanthemum indicum

シマカンギク(アブラギク) [島寒菊]

今咲いている花

4月に咲く花

  • タイツリソウ(ケマンソウ)

    色: ピンク
    大きさ:50~80センチ
    花の特徴:茎先に長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ハート形をした白やピンクの花を垂れ下げてつける。 この垂れた花を鯛に見立てて名づけられたものである。 花径は3センチくらいである。 花弁は4枚で、外側の2枚は心臓形、内側の2枚は先が突き出る。 萼片は2枚で、早くに落ちる。

  • カタクリ

    色:
    大きさ:10~20センチ
    花の特徴:茎先に1つずつ下向きに淡い紅紫色の花をつける。 花被片は6枚で、上に向かって強く反り返る。 ただし、反り返るのは日中の陽射しがあるときで、夕方には傘のように閉じる。 花被片のつけ根の部分にはW字形をした濃い紫色の斑が入る。 雄しべは6本、雌しべは1本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン