文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シモダカンアオイ

シモダカンアオイ

  • シモダカンアオイ
開花時期 3月 4月 5月 6月
その他
情報・写真提供元:筑波実験植物園-シモダカンアオイ
豆知識
[カンアオイの仲間]徳川の家紋で有名なフタバアオイの仲間で寒い時期に青々と茂ることから寒葵の名があります。なんと日本に50種以上がありますが、多くは絶滅の危機に瀕しています。カントウカンアオイやクワイバカンアオイといった種は冬咲きで、葉に隠れるように地面すれすれに花をつけます。花は赤紫や茶色で、まるでたて穴のような非常に不思議な姿をしています。一部の種ではキノコに擬態しているとも言われており、キノコと間違えたキノコバエの仲間が花の内部にあるひだに卵を産みにやってきて、その時に花粉が運ばれることが知られています。(筑波実験植物園HP植物図鑑より)
名前の読み しもだかんあおい
分類 ウマノスズクサ Aristolochiaceae科
学名 Heterotropa muramatsui (Makino) F. Maek. var. shimodana F. Maek.

シモダカンアオイ

同じウマノスズクサ Aristolochiaceae科に属する花

今咲いている花

7月に咲く花

  • タイサンボク

    色:
    大きさ:10~20メートル
    花の特徴:大輪のクリーム色の花で、ほどよい香りがある。 花径は50センチから60センチくらいあり、日本の樹木の花としては最大である。 花冠は杯状である。 普通は花弁が6枚、萼片が3枚あり、9枚の花びらがあるように見える。 ただし花弁の数は一定しておらず、9枚から12枚になることもある。 花冠の真ん中には、たくさんの雄しべと雌しべが集まって円錐状についている。

  • サルスベリ

    色: ピンク
    大きさ:3~10メートル
    花の特徴:枝先に円錐花序(花序の枝が枝分かれし、全体が円錐状に見える)をつける。 花序のつけ根のほうから咲き始め、次第に先まで花を開く。 1つ1つの花は、花びらは6枚で縮れており、萼は筒状で6つに裂ける。 花の色はピンクや白、紅紫色などで、花径は3~4センチくらいである。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ