文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シモツケ

シモツケ [下野]

  • シモツケ
  • シモツケ
  • シモツケ
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月 7月
誕生花
6 月 22日
花言葉
いつもアナタを待っています
花の特徴
枝先に枝先に複数の散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、小さな花5弁花を半球形状に密生させる。 花の色は、薄い紅色や濃い紅色のものがある。 萼片は5枚である。 雄しべは5本で、雄しべのほうが花弁よりもいちじるしく長い。
葉の特徴
葉は普通は卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。 葉脈は表面ではへこみ、裏面ででっぱる。 葉の表面は緑色で毛は生えておらず、裏面には葉脈上に毛が密生して緑白色となる。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、5つのブロックからなる。
その他
和名の由来は、下野国(栃木県)で最初に発見されたことからきている。 別名を木下野(キシモツケ)という。 これは、草本の下野草(シモツケソウ)に対してつけられた名である。 俳句の季語は夏である。
生育地 里山や山地の草地や林の中など 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1メートル
分布 本州から九州にかけて分布。 海外では、朝鮮半島や中国にも分布。
名前の読み しもつけ
分類 バラ科 シモツケ属
学名 Spiraea japonica

シモツケ [下野]

今咲いている花

6月に咲く花

  • ペチュニア・マドンナノ宝石

    色: ピンク
    花の特徴:花色は柔らかな感じのピンク色で花筒部が白く、優しい色合いである。

  • ナツユキソウ

    色:
    大きさ:50~150センチ
    花の特徴:枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径4~5ミリの小さな花をたくさんつける。 花の色は白である。 花弁は5枚で、形は長い卵形である。 雄しべはたくさんあり、花弁よりも長い。 雌しべは3~5本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ