文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. シャリンバイ

シャリンバイ [車輪梅]

  • シャリンバイ
  • シャリンバイ
花の色
開花時期 4月 5月 6月
花の特徴
枝先から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花径は10ミリから15ミリくらいで、花びらは5枚である。 雄しべは20本くらいある。 園芸品種には淡い紅色を帯びたものもある。
葉の特徴
葉は卵形で、枝先に互い違いに生える(互生)。 葉の質は革質で艶があり、上部の縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は直径1センチくらいの球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋に黒紫色に熟し白い粉を帯びる。
その他
和名の由来は、花が梅に似ていて、葉が枝先に車輪状に集まることからきている。 樹皮は奄美大島の特産品である大島紬の染料に使用される。 奄美大島では「テーチ木」と呼ばれ、このチップを煮込んで染液を作る。 また、沖縄の芭蕉布という織物の染料としても利用されている。 芭蕉布は、琉球藍の紺絣と車輪梅の赤茶絣を利用して縞模様を表現している。
生育地 海岸や海岸に近い山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~4メートル
分布 本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布。 海外では、台湾や朝鮮半島にも分布。
名前の読み しゃりんばい
分類 バラ科 シャリンバイ属
学名 Rhaphiolepis indica var. umbellata

シャリンバイ [車輪梅]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アスパラガス

    色:
    大きさ:80~200センチ
    花の特徴:細長い花枝の先に黄緑色をした釣鐘形の小さな花をつける。 花径は1センチに満たない。 雄株と雌株があり、雄花と雌花が別々の株につく。 雄株は雄しべが目立つ雄花を咲かせ、雌株は雌しべと子房が目立つ雌花を咲かせる。

  • ムラサキカタバミ(キキョウカタバミ)

    色:
    大きさ:10~30cm
    花の特徴:花は淡い紅紫色の5弁花で、花の真ん中は淡い緑色をしている。 よく似た芋片喰(イモカタバミ)は、花の真ん中が濃い紫色である。 また、雄しべの葯の色が、芋片喰(イモカタバミ)は黄色で、紫片喰(ムラサキカタバミ)は白である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ