文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シュウカイドウ

シュウカイドウ [秋海棠]

  • シュウカイドウ
  • シュウカイドウ
花の色 ピンク
開花時期 7月 8月 9月 10月
誕生花
9 月 10日
花言葉
可憐な欲望
花の特徴
淡いピンクの長い花が下向きに咲く。 雄と雌が同じ株で、茎の上に雄花があり下部に雌花がつく。
葉の特徴
葉はゆがんだハート形をしている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
いわゆるベゴニアの一種である。 和名の由来は、花の色がバラ科の海棠(カイドウ)に似ていて、秋に開花することからきている。 別名を瓔珞草(ヨウラクソウ) という。 これは仏像の装飾具である飾り玉の瓔珞にたとえたものである。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 40センチ
分布 原産地は中国 日本へは江戸時代の初期に観賞用として渡来した。 日本でも関東以西に野生で見ることができる。
名前の読み しゅうかいどう
分類 シュウカイドウ科 シュウカイドウ属
学名 Begonia grandis ssp.evansiana

シュウカイドウ [秋海棠]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ソバナ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紫色をした鐘形の花を疎らにつける。

  • オオアワガエリ

    色:
    大きさ:50~100センチ
    花の特徴:茎先に淡い緑色をした円柱形の花穂をつける。 花は小さく目立たない。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ