文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ショカツサイ

ショカツサイ [諸葛菜]

誕生花
-月 -日
花言葉
ショカツサイ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 2月3月4月5月
花の色
名前の読み しょかつさい
分布 原産地は西アジア・ヨーロッパ
日本へは栽培種として中国から渡来した。
今では野生化して群生している。
生育地 鉄道沿いや川の土手など
植物のタイプ 越年草
大きさ・高さ 30~50センチ
分類 アブラナ科 ショカツサイ属
学名 Orychophragmus violaceus
花の特徴
茎先から花柄を伸ばしていくつかの花をつける。
花の色は淡い紫色で、4弁花である。
雄しべと雌しべは黄色い。
葉の特徴
地下から茎を伸ばし、途中に葉をつける。
下のほうの葉は羽状で両側から切れ込んでいる。
先のほうの葉は大きく丸みを帯びている。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
花の後にできる実は角果(雌しべの中にある仕切りを残して左右の殻がはがれるもの)である。
この花について
その他
名は、三国志に登場する諸葛亮(しょかつりょう)が出陣の先々でこの種子を蒔いたことから来ている。
葉の形が大根に似ていることから花大根(ハナダイコン)とも呼ばれる。
また、紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花(オオアラセイトウ)などの別名もある。
なお、アラセイトウというのはストックのことである。

「ショカツサイ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
2月3月4月5月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!