文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シラカンバ(シラカバ)

シラカンバ(シラカバ) [白樺]

誕生花
-月 -日
花言葉
シラカンバ(シラカバ)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月
花の色
名前の読み しらかんば(しらかば)
分布 北海道が本州の中部地方にかけて分布。
海外では、サハリン、千島列島、朝鮮半島、中国東北部、カムチャッカ半島などにも分布。
生育地 高原や山地の日当りのよい場所
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 20~30メートル
分類 カバノキ科 カバノキ属
学名 Betula platyphylla var.japonica
花の特徴
雄花は黄褐色で長さは3~5センチくらいあり、枝から垂れ下がる。
雌花は緑色で長さは2センチくらいであり、枝上に直立する。
葉の特徴
葉は三角状の広卵形で先が尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉は向かい合って生える(対生)。
また、葉脈の数が異なり、白樺(シラカンバ)は7対、岳樺(ダケカンバ)は11対である。
実の特徴
果穂は長さ3~5センチの円柱形で、枝から垂れ下がる。
種子には広い翼があり、風で遠くまで運ばれる。
雄花の飛ばす花粉は、花粉症の原因ともなっている。
この花について
その他
各地で「自治体の木」となっている。
長野県では「県の木」に指定している。
小樽市、帯広市、千歳市、富士吉田市などでは「市の木」に指定している。
一般的には「シラカバ」という名称で呼ばれている。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「シラカンバ(シラカバ)」に関連する花を見る

同じカバノキ科に属する花

開花時期が同じ花
4月5月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!