文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シラン

シラン [紫蘭]

  • シラン
  • シラン
  • シラン
花の色
開花時期 5月 6月
花言葉
気品 , 崇高
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径4センチくらいの紅紫色をした花を7、8輪つける。 花被片は6枚である。 唇弁は3つに裂け、そのうちの真ん中の裂片には内側に襞がある。
葉の特徴
葉は長さ30センチくらいの披針形で、茎の下部から4、5枚が生える。 葉には平行脈があり、つけ根の部分は鞘状で茎を抱く。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
その他
環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。 別名を紅蘭(ベニラン)、朱蘭(シュラン)という。 地下部は生薬で白及根(はくきゅうこん)と言い、止血、消炎などの薬効がある。 俳句の季語は夏である。
生育地 やや湿った岩の上や林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~50センチ
分布 本州の福島県から沖縄にかけて分布。 海外では、中国や台湾にも分布。
名前の読み しらん
分類 ラン科 ラン属
学名 Bletilla striata

シランの動画

シランの360度画像ビューワー

シランの画像ビューワー1

シラン [紫蘭]

今咲いている花

3月に咲く花

  • ハクモクレン

    色:
    大きさ:5~15メートル
    花の特徴:花の展開に先立って花を咲かせる。 花は白くて大形で、よい香りがする。 外見は花びらが9枚あるように見えるが、花弁は6枚、萼片が3枚である。 雄しべはたくさんあり、真ん中に雌しべが1本ある。 花は日が当たると開き、夕方には閉じる。 よく似ているのが辛夷(コブシ)だが、辛夷(コブシ)はやや花が小さい。

  • 花梅・ミチシルベ

    色:
    花の特徴:一重咲きで大輪の花を咲かせる早咲きの品種。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン