文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. シロバナサクラタデ

シロバナサクラタデ [白花桜蓼]

  • シロバナサクラタデ
名前の読み しろばなさくらたで
分類 タデ科 イヌタデ属
学名 Persicaria japonica

シロバナサクラタデ [白花桜蓼]

今咲いている花

4月に咲く花

  • カンパニュラ・ポシャルスキアナ(アルペンブルー)

    色:
    大きさ:15~30センチ
    花の特徴:茎先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、淡い青紫色をした小さな花をたくさんつける。 花冠は幅の広い鐘形で、先は星形に5つに裂ける。 花径は3センチくらいである。

  • ミズバショウ

    色:
    大きさ:60~100センチ
    花の特徴:葉の展開に先立って花柄を伸ばし開花する。 白いのは花ではなく仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)で、本当の花は中心部の黄色いところについている。 これは肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)と呼ばれる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン