文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. シンフォリカルポス

シンフォリカルポス [雪晃木]

  • シンフォリカルポス
花の色 ピンク
開花時期 7月 8月 9月
誕生花
10 月 25日
花言葉
いつまでも献身的に
花の特徴
花は枝の先端や葉腋からでる穂状や短い総状花序に淡桃色の1㎝ほどの小花がつく。4~5裂する花冠は鐘状または管状となる。
葉の特徴
葉は対生し、5㎝程度の長楕円形ないし円状卵形で、全縁または波を打ち浅く裂ける。
実の特徴
球形の白い石果になり、冬まで枝上に残る。
その他
属名は、ギリシャ語で房状になっている果実を意味し、和名は雪晃木(セッコウボク)、別名シラタマヒョウタンボクともいう。英名はスノーベリーである。白色の果実を観賞用花材として栽培される。
生育地 庭植え、水はけがよく、やや湿りけのある土壌
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 60~100cm
分布 北アメリカ北部を中心に分布する。
名前の読み しんふぉりかるぽす
分類 スイカズラ科 シンフォリカルポス属
学名 Symphoricarpos albus

シンフォリカルポスの360度画像ビューワー

シンフォリカルポスの画像ビューワー1

シンフォリカルポス [雪晃木]

今咲いている花

8月に咲く花

  • ニワナナカマド(チンシバイ)

    色:
    大きさ:3~4メートル
    花の特徴:枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花径は5~7ミリくらいで、花弁は5枚である。 萼片は5枚で反り返る。 雄しべは20本である。 柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は5つに裂ける。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ