文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ)

ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ) [カスミソウ]

  • ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ)
  • ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ)
  • ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ)
花の色
開花時期 5月 6月 7月 8月
花の特徴
半八重咲きの小さな花を一面につける。
その他
自然と形の良い球状に仕上がるため、ハンギングや寄せ植えの材料として利用される。
生育地 鉢植え、庭植え
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 15cm
名前の読み じぷそふぃら・じぷしーほわいと(かすみそう)
分類 ナデシコ科 ジプソフィラ属
学名 Gypsophila muralis

ジプソフィラ・ジプシーホワイト(カスミソウ) [カスミソウ]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ミズバショウ

    色:
    大きさ:60~100センチ
    花の特徴:葉の展開に先立って花柄を伸ばし開花する。 白いのは花ではなく仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)で、本当の花は中心部の黄色いところについている。 これは肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)と呼ばれる。

  • マムシグサ

    色:
    大きさ:50~100センチ 茎には紫褐色の斑点がある。
    花の特徴:2つの葉の間から筒状の柄が伸び、先に仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)と呼ばれるものをつける。 仏炎苞は淡い紫色ないし淡い緑色で、縦に白い筋が入る。 雌雄異株である。 雄株には暗い紫色をした2、3個の葯を持つ雄花がたくさんつく。 雌株には棍棒のような穂軸の下に緑色の子房のある雌花がたくさんつく。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン