文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ジュウニヒトエ

ジュウニヒトエ [十二単]

  • ジュウニヒトエ
  • ジュウニヒトエ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
葉の脇から穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな青紫色ないし白い唇形の花を輪生させる。 花は幾重にも重なって咲く。 花径は5ミリから10ミリくらいである。 上唇は2つに浅く裂ける。 下唇は大きく3つに裂け、真ん中の裂片が大きい。 雄しべは4本で、2本が長い。全体に白い毛を密生させる。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、向かい合ってつける(対生)。 葉の縁には粗い波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉の裏面は白っぽい。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
その他
和名は、花の咲く様子を宮中の女官などが着る十二単に見立てたものである。 俳句の季語は春である。
生育地 丘陵地や林の中
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 15~20センチ
分布 日本固有種 本州と四国に分布
名前の読み じゅうにひとえ
分類 シソ科 キランソウ属
学名 Ajuga nipponensis

ジュウニヒトエ [十二単]

今咲いている花

6月に咲く花

  • レッドロビン(ベニカナメモチ)

    色:
    大きさ:1~2m 葉は要黐(カナメモチ)よりやや大きく、新葉の赤色も強い。
    花の特徴:茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い小さな5弁花をたくさんつける。

  • マスデバリア

    色: オレンジ その他
    大きさ:10~25センチ
    花の特徴:花茎の多くは直立し、先端に花をつける。 花は側萼片のみ大きく発達し、基部は合着して杯状を呈し、先端は長く尾状となる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ