文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. スイカズラ

スイカズラ [吸葛]

  • スイカズラ
  • スイカズラ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
ジャスミンのような甘い香りのする白い花を二つずつつける。 花は唇状に大きく2つに裂け、上弁は先が4つに裂けている。 花の色は、白から黄に変化していく。 このことから金銀花(キンギンカ)の別名がある。 花のつけ根の部分には蜜がたまっている。
葉の特徴
枝は長く伸び、長い楕円形をした葉を向かい合ってつける(対生)。
実の特徴
花の後に球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)ができる。 実は緑色から黒緑色に変化する
その他
花のつけ根の部分には蜜がたまっており、花の蜜を吸うことから吸葛(スイカズラ)と呼ばれる。 葉、茎、蕾には解毒・利尿作用があり、薬草として用いられる。 吸葛(スイカズラ)のもう一つの名前に忍冬(ニンドウ)というのがある。 これは、冬でも葉が生い茂り寒さに耐えているように見えるところからつけられた名である。
生育地 山野の草藪や林の縁
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 3~5メートル
分布 北海道の南部から九州にかけて分布。 海外では、朝鮮半島や中国にも分布。
名前の読み すいかずら
分類 スイカズラ科 スイカズラ属
学名 Lonicera japonica

スイカズラ [吸葛]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アカツメクサ

    色: ピンク
    大きさ:30~60センチ
    花の特徴:小さな蝶形の花が球状の花序をつくっているので、1つの花のように見える。 花序径は2~55センチくらい。

  • マツヨイグサ

    色:
    大きさ:30~80センチ
    花の特徴:花径3~5センチくらいの黄色い花を咲かせる。 花弁は4枚で、一日花である。 花はしぼむと黄赤色に変わるのが特徴である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ