文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ソバ

ソバ [蕎麦]

誕生花
11月 1日
花言葉
一生懸命誠実
ソバ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月8月9月10月
花の色
名前の読み そば
分布 原産地は中央アジアから中国東北部
日本でも古くから栽培
生育地
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 40~70センチ
分類 タデ科 ソバ属
学名 Fagopyrum esculentum
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径6ミリくらいの白ないしピンクの小さな花をたくさんつける。
花弁のように見えるのは萼片で、普通は5枚である。
雄しべは8本である。
雌しべの花柱は1本で、先が3つに裂ける。
短花柱花(花柱が雄しべより短い花)と長花柱花(花柱が雄しべより長い花)がある。茎は直立し、上部で枝分かれをする。
茎に毛は生えていない。
葉の特徴
葉は三角形ないし心形で、互い違いに生える(互生)。
葉には長い柄がある。
実の特徴
花の後にできる実は三角錐状のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)で、黒褐色ないし銀灰色に熟する。
この花について
その他
普通種、ダッタン種、宿根種の三つに分類される。
一般的に日本で食べているのが普通種、ルチンが多く苦いのがダッタン種、葉の部分を漢方薬として利用するのが宿根種である。
俳句では「蕎麦」「蕎麦の花」が秋の季語である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ソバ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月8月9月10月
同じ月の誕生花
11月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する