文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. タニウツギ(ベニウツギ)

タニウツギ(ベニウツギ) [谷空木]

  • タニウツギ(ベニウツギ)
  • タニウツギ(ベニウツギ)
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月
誕生花
7 月 11日
花言葉
豊麗
花の特徴
葉の脇に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、漏斗状の淡いピンクの花を咲かせる。 花の色は変わらない。 萼片は5枚、雄しべは5本である。 雌しべの花柱は糸状で長く突き出ている。
葉の特徴
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。 葉の先は尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。 葉には艶があり、裏面には白い毛が生える。
その他
日本固有種である。 別名を紅空木(ベニウツギ)ともいう。
生育地 山地の谷間や渓流沿い
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 2~3メートル
分布 北海道の西部から本州にかけて分布。 海外では、中国や朝鮮半島にも分布。
名前の読み たにうつぎ(べにうつぎ)
分類 スイカズラ科 タニウツギ属
学名 Weigela hortensis

タニウツギ(ベニウツギ) [谷空木]

今咲いている花

8月に咲く花

  • キュウリ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:雌雄同株である。 花径3センチくらいの黄色い5弁花をつける。

  • ハクサンシャジン(タカネツリガネニンジン)

    色:
    大きさ:20~60センチ
    花の特徴:花は淡い青紫色をした鐘形で、数輪ずつ輪生する。 花の色は濃いものや薄いものがある。 花冠の先はやや広がり、雌しべの花柱が長く突き出る。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ