文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ツルウメモドキ

ツルウメモドキ [蔓梅擬き]

  • ツルウメモドキ
  • ツルウメモドキ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
雌雄異株で、雄花をつける株と雌花をつける株がある。 葉の脇に小さな黄緑色の花を10個くらい集散花序につける。 集散花序というのは、初めに主軸の先端に花がつき、その下から枝分かれをして出る側枝の先端に次の花をつけ、この枝分かれを繰り返す花のつき方である。 花びらは5枚、萼も5枚、雄しべは5本である。 雄花の雄しべは長いが、雌花の雄しべは短く退化している。
葉の特徴
葉は長さ5~10センチくらいの楕円形で、互い違いに生える。 葉の縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)があり、先は急に尖る。
実の特徴
花の後に球形の実がつき、秋には黄色に熟する。 果皮が3つに裂けると赤い仮種皮が現れ、そのコントラストが美しい。
生育地 山野の林の縁など
植物のタイプ つる性
分布 北海道から沖縄にかけて分布
名前の読み つるうめもどき
分類 ニシキギ科 ツルウメモドキ属
学名 Celastrus orbiculatus

ツルウメモドキ [蔓梅擬き]

今咲いている花

7月に咲く花

  • バーベナ・タピアン

    色:
    大きさ:10~20cm
    花の特徴:花径は4~5cm。開花が早く、春夏、秋の3シーズン楽しめる。

  • キレンゲショウマ

    色:
    大きさ:80~120センチ
    花の特徴:葉の脇に疎らな円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、筒状の黄色い花を斜め下向きに数輪つける。 花弁は5枚である。 肉厚で、平開はしない。 雄しべは15本、雌しべの花柱は3本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ