文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ツルニンジン(ジイソブ)

ツルニンジン(ジイソブ) [蔓人参]

  • ツルニンジン(ジイソブ)
  • ツルニンジン(ジイソブ)
花の色
開花時期 8月 9月 10月
花の特徴
花冠は幅の広い鐘形で下向きに咲き、先は5つに浅く裂けて反り返る。 花の色は白緑色で、内側に紫褐色をした筋や斑がある。 花冠の長さは3センチくらいである。 萼片は5枚である。 雄しべは5本で、花粉を出した後に先が3つに裂ける。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で互い違いに生える(互生)が、側枝の先には3、4枚が集まってつく。 葉の裏面は粉白色となる。 蔓や葉を傷つけると白い乳液が出る。 また、触れると青臭い臭いがする。
その他
和名の由来は、根の形が「朝鮮人参」に似ているところからきている。 別名を爺蕎(ジイソブ)という。 「ソブ」というのは木曽の方言で「そばかす」を意味し、「爺さんのそばかす」といった意味になる。 これは近縁種の婆蕎(バアソブ)と対比してつけられた名だという。
生育地 低地や山地の林の中や林の縁など
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 2~3メートル
分布 北海道から九州にかけて分布。 海外では、朝鮮半島、中国北部、ウスリー地方、アムール地方などにも分布。
名前の読み つるにんじん(じいそぶ)
分類 キキョウ科 ツルニンジン属
学名 Codonopsis lanceolata

ツルニンジン(ジイソブ) [蔓人参]

今咲いている花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ