文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. テッセン(クレマチス)

テッセン(クレマチス) [鉄線]

  • テッセン(クレマチス)
  • テッセン(クレマチス)
花の色 ピンク
開花時期 5月 6月
誕生花
9 月 12日
花言葉
高潔
花の特徴
花の色も元々は白ないし紫がかったものであったが、赤、ピンク、紅紫色、白、黄色など多彩な色が生まれている。 花の真ん中には雄しべがたくさんある。 紫色になっているのは雄しべの花糸という部分である。
葉の特徴
葉は3枚の小葉からなり、向かい合って生える(対生)。 小葉は卵形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。 葉の柄は長く、周囲のものに巻きつく。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
属名の Clematis はギリシャ語の「clema(若枝)」の縮小形である。長い柔らかい枝でよじ登ることから名づけられた。 種小名の florida は「花の多い」という意味である。 日本へは寛文年間(1661-1673)に渡来。 日本原産の風車(カザグルマ)の花弁状の萼片が8枚なのに対して、鉄線(テッセン)は6枚という違いがある。 蔓が鉄線のように強いと言うことが名の由来である。 この2品種とヨーロッパ原産の品種の交配によって、クレマチスと呼ばれる様々な園芸品種が作られている。 俳句では「鉄線花」が夏の季語である。
その他
PHOTO1撮影者:[とっとり花回廊 http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=4909 _blank]さん/PHOTO2撮影者:[qooh http://hc.minhana.net/my_gallery?user_id=9729 _blank]さん
生育地 庭植え
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 原産地は中国
名前の読み てっせん(くれまちす)
分類 キンポウゲ科 センニンソウ属
学名 Clematis florida

テッセン(クレマチス) [鉄線]

同じキンポウゲ科に属する花

今咲いている花

6月に咲く花

  • アメリカデイゴ

    色:
    大きさ:1~5メートル
    花の特徴:雌雄同株である。 新しい枝の先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、鮮紅色の蝶形の花をつける。 雄しべは先のほうまで合着し、そこで分かれる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ