文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. テマリカンボク

テマリカンボク [手毬肝木]

誕生花
-月 -日
花言葉
テマリカンボク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 5月6月7月
花の色
名前の読み てまりかんぼく
分布 原産地は朝鮮半島
生育地 公園樹、庭園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~5メートル
分類 スイカズラ科 ガマズミ属
学名 Viburnum opulus var. calvescens form. sterile
花の特徴
枝先に大きな白い花をつける。
肝木(カンボク)の品種の1つで、花序すべてが装飾花になったものである。
葉の特徴
葉は円形ないし楕円形で、楓(カエデ)の葉のように浅く3つから5つに裂ける。
手毬型の花が咲くものには同属の大手毬(オオデマリ)があるが、こちらは葉が卵形で裂けないので区別できる。
実の特徴
結実はしない。
この花について
属名の Viburnum はこの属の1種のラテン古名だが意味はわかっていない。
種小名の opulus はカンボクのラテン名である。
変種名の calvescens は「裸出状になる」という意味である。
品種名の sterile は「不妊の」という意味である。
その他
肝木(カンボク)の型の1つで、花序すべてが装飾花になったものである。
日本へは江戸時代に薬用樹として渡来。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「テマリカンボク」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
5月6月7月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!