文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. テマリカンボク

テマリカンボク [手毬肝木]

  • テマリカンボク
  • テマリカンボク
花の色
開花時期 5月 6月 7月
花の特徴
枝先に大きな白い花をつける。 肝木(カンボク)の品種の1つで、花序すべてが装飾花になったものである。
葉の特徴
葉は円形ないし楕円形で、楓(カエデ)の葉のように浅く3つから5つに裂ける。 手毬型の花が咲くものには同属の大手毬(オオデマリ)があるが、こちらは葉が卵形で裂けないので区別できる。
実の特徴
結実はしない。
この花について
属名の Viburnum はこの属の1種のラテン古名だが意味はわかっていない。 種小名の opulus はカンボクのラテン名である。 変種名の calvescens は「裸出状になる」という意味である。 品種名の sterile は「不妊の」という意味である。
その他
肝木(カンボク)の型の1つで、花序すべてが装飾花になったものである。 日本へは江戸時代に薬用樹として渡来。
生育地 公園樹、庭園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~5メートル
分布 原産地は朝鮮半島
名前の読み てまりかんぼく
分類 スイカズラ科 ガマズミ属
学名 Viburnum opulus var. calvescens form. sterile

テマリカンボク [手毬肝木]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アジュガ(セイヨウキランソウ)

    色:
    大きさ:10~30センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を直立させ、花径1、2センチの青紫花をした唇形の花をたくさんつける。 花冠は長さ1センチくらいで、上唇と下唇に分かれる。 上唇は短く2つに裂ける。 下唇は大きく3つに裂け、真ん中の裂片は更に先が裂ける。

  • バラ

    色: オレンジ ピンク
    大きさ:15~200センチ
    花の特徴:花は茎頂に単生するか散房花序、または円錐花序につく。 花弁の基本数は5個であるが、八重になるものも多い。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ