文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. トウカエデ(トライデントメープル)

トウカエデ(トライデントメープル) [唐楓]

  • トウカエデ(トライデントメープル)
  • トウカエデ(トライデントメープル)
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
枝先に小さな淡い黄色の花をつける。
葉の特徴
葉は長さが4~8センチで、浅く3つに裂ける。 ただし、5つに裂けるものもあれば、ほとんど裂けないものもあり、変異が多い。 葉の表面には艶があり、裏面は白みを帯びる。
実の特徴
花の後にできる実は翼果(翼のある実)である
この花について
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。 種小名の buergerianum は日本植物の採集家「ブュルゲルの」という意味である。
その他
日本へは江戸時代に渡来。 三角楓(サンカクカエデ)の別名がある。 これは英名のトライデントメープル(trident maple)からきたものである。 秋の紅葉は美しい。
生育地 公園樹、街路樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 10~20メートル
分布 原産地は中国。 中国大陸の東南部や台湾に分布
名前の読み とうかえで(とらいでんとめーぷる)
分類 カエデ科 カエデ属
学名 Acer buergerianum

トウカエデ(トライデントメープル) [唐楓]

今咲いている花

6月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ