文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. トウテイラン

トウテイラン [洞庭藍]

誕生花
-月 -日
花言葉
トウテイラン
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 8月9月10月
花の色
名前の読み とうていらん
分布 京都府、兵庫県、鳥取県に分布
生育地 海岸近くなど
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 40~50センチ
分類 ゴマノハグサ科 ルリトラノオ属
学名 Pseudolysimachion oranatum(=Veronica ornata)
花の特徴
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を穂状に出し、青紫色の花をつける。
花冠は筒状で、先が4つに裂ける。
花径は5ミリから10ミリくらいである。
萼片は4枚、雄しべは2本、雌しべは1本である。
葉の特徴
葉は長めの楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は少し尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉も茎も白い綿毛で覆われている。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Pseudolysimachion はギリシャ語の「pseudo(偽)+Lysimachia(オカトラノオ属)」からきている。オカトラノオ属に似たという意味合いである。
種小名の ornatum は「華美な」という意味である。
その他
日本固有種。茎は直立をする。
和名の由来は、瑠璃色の花の色を中国の洞庭湖の美しい水の色にたとえたものである。
江戸時代にはすでに園芸植物として栽培され、そのころにつけられた名だという。
生育地が少ないことから、環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「トウテイラン」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
8月9月10月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!