文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. トチノキ

トチノキ [栃の木]

  • トチノキ
  • トチノキ
花の色
開花時期 5月 6月
花の特徴
1~2センチの白い4弁花が鈴なりにつく。 花穂は上を向いていて大きいので、花の季節には遠くからでもトチノキだとわかる。 花は蜜源となる。
葉の特徴
葉は手のひら状の複葉で、向かい合って生える(対生)。 小葉は5~7枚くらいあり、形は楕円形である。
実の特徴
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。 種子は渋をぬいてトチ餅やトチ団子にして食べる。
この花について
属名の Aesculus はラテン語の「aescare(食う)」からきている。実を食用にしたり家畜の飼料にしたりすることから名づけられた。 種小名の turbinata は「倒円錐形の」という意味である
その他
材は家具や器具に用いる。 俳句では「橡の花」が夏の季語、「橡の実」が秋の季語である。
生育地 低山の渓流に近い肥沃な地、 公園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 15~20メートル
分布 北海道から九州にかけて分布。 海外では、中国にも分布。
名前の読み とちのき
分類 トチノキ科 トチノキ属
学名 Aesculus turbinata

トチノキ [栃の木]

今咲いている花

8月に咲く花

  • アサガオ

    色: ピンク その他
    大きさ:1~5メートル
    花の特徴:早朝に漏斗形の花を開き、昼前にしぼんでしまう。 ただし、日陰にある場合は夕方まで咲き続けることもある。 花柄には小さな苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)がある。 雄しべは5本、雌しべは1本である。

  • オオケタデ(オオベニタデ)

    色: ピンク
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:花径6ミリから7ミリの紅紫色の小さな花が集まり、穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)となる。 イヌタデを大きくしたような花である。 先の丸い花びらが5枚あるが、花びらは花弁ではなく萼片である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ