文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. トロロアオイ(ハナオクラ)

トロロアオイ(ハナオクラ) [黄蜀葵]

  • トロロアオイ(ハナオクラ)
  • トロロアオイ(ハナオクラ)
花の色 その他
開花時期 9月 10月
誕生花
8 月 8日
花言葉
願う気持ち
花の特徴
大形の花穂を立て、黄色くて中心が暗い紫色をした5弁花を開く。 花は一日花で、夕方の早い時間に閉じる。
葉の特徴
葉は互い違いに生え(互生)、大きくて5つから9つに手のひら状に深く裂ける。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Abelmoschus はアラビア語の「麝香(abul)+父(mosk)」からきている。 種小名の manihot はトロロアオイのブラジル名である。
その他
日本へは古い時代に渡来。 根をすりつぶした粘液が、手漉和紙の糊として利用されてきた。 全体に粗い毛で覆われている。 根を黄蜀葵根(おうしょっきこん)といい、鎮咳薬などに用いられる。 また、食品添加物としても使用される。 花おくら(ハナオクラ)の別名がある。俳句の季語は夏である。
生育地 畑、 庭植え
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 原産地は中国
名前の読み とろろあおい(はなおくら)
分類 アオイ科 オクラ属
学名 Abelmoschus manihot

トロロアオイ(ハナオクラ) [黄蜀葵]

今咲いている花

6月に咲く花

  • アサザ

    色:
    大きさ:5~10センチ
    花の特徴:縁が糸状に裂けてフリルのようになった黄色い花を花茎の先につける。 花びらは5枚あるが、花の根元はつながっており、合弁花である。 一日花で午前中に開き、夕方には閉じる。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ