文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ドイツスズラン

ドイツスズラン [ドイツ鈴蘭]

  • ドイツスズラン
  • ドイツスズラン
花の色
開花時期 5月 6月
花言葉
純潔 , 純愛 , 幸福の訪れ(再来)
花の特徴
葉の脇から花茎を立て、十数個の白い鐘形の花を総状につける。 花の長さは10ミリくらい、花径は10ミリから15ミリくらいで、短い柄がある。 花被片はつけ根の部分で合着する。 雄しべが6本、雌しべが1本ある。
葉の特徴
葉は卵状の楕円形で、2、3枚が根際から出てつけ根の部分は茎を包む。
実の特徴
花の後には球形の実(液果)ができ、秋には赤く熟する。 花と実にはコンバラトキシンと呼ばれる有毒物質が含まれている。
この花について
属名の Convallaria はラテン語の「convallis(谷)+leirion(ユリ)」からきている。 種小名の majalis は「5月に咲く」という意味である。
その他
分類体系によってはスズラン科とされる。 日本に自生する在来種の鈴蘭(スズラン)と比べて耐暑性がある。 また、大型で香りも強く、花が葉の陰に隠れないなどの利点がある。 そのため、市場に流通するものはほとんどが本種であるという。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~30センチ
分布 原産地はヨーロッパ
名前の読み どいつすずらん
分類 ユリ科 スズラン属
学名 Convallaria majalis

ドイツスズランの360度画像ビューワー

ドイツスズランの画像ビューワー1

ドイツスズラン [ドイツ鈴蘭]

今咲いている花

7月に咲く花

  • アメリカテマリシモツケディアボロ

    色:
    大きさ:1~2メートル
    花の特徴:葉の展開した後に花をつける。 枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、半球状に白い小さな花をつける。 花序の様子はコデマリに似る。 花序径は4センチくらい、花径は1センチくらいである。 葉の色との対比が美しい。

  • ハクサンフウロ

    色: ピンク
    大きさ:30~80センチ
    花の特徴:花の色は白に近いものから濃いピンクまである。 花径は25ミリから30ミリくらいである。 花弁は5枚である。 花弁のつけ根の部分には白い軟毛が生える。 花の真ん中には10本の雄しべが放射状に並ぶ。 花弁の先に切れ込みはない。 近縁種の伊吹風露(イブキフウロ)のほうは切れ込みがある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ