文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ドクダミ

ドクダミ [毒痛み]

  • ドクダミ
  • ドクダミ
花の色
開花時期 5月 6月
誕生花
5 月 15日
花言葉
白い記憶 , 野生
花の特徴
茎先に十字型の白い花を咲かせる。 花びらのように見えるものは、葉に近い性質をもった総苞と呼ばれるものである。 実際のドクダミには花弁も萼片もない。 花の中央に穂状になっているのは雄しべと雌しべである。
葉の特徴
葉は先の尖った心臓形で、互い違いに生える(互生)。 葉の質は柔らかい。
実の特徴
種子は不稔性(次の世代の子孫を作れない)である。
この花について
属名の Houttuynia はオランダの医師で植物学者の「ハウトイン(M. Houttuyne)さん」にちなんで名づけられた。 種小名の cordata は「心臓形の」という意味である。
その他
名前の由来は、毒や傷みに効くということから、「毒痛み」が転じたものといわれる。 あるいは、ドクダミの葉は特有の臭気があるため、毒が入っているのではないかということで毒溜め(ドクダメ)と呼ばれるようになり、それがドクダミになったという。 生薬名を十薬(じゅうやく)といい、整腸、利尿、解毒などの薬効がある。俳句の季語は夏である。
生育地 日陰や湿地など
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~40センチ
分布 北海道の南部から沖縄にかけて分布。 海外では、東アジアや東南アジアに広く分布。
名前の読み どくだみ
分類 ドクダミ科 ドクダミ属
学名 Houttuynia cordata

ドクダミ [毒痛み]

今咲いている花

5月に咲く花

  • オーニソガラム

    色:
    大きさ:10~90センチ
    花の特徴:花は散房または総状花序をなすが、下部の花の花柄が伸びた散房状の総状花序をなす場合が多い。 花被片は6個、分離して開出する。

  • ムラサキカタバミ(キキョウカタバミ)

    色:
    大きさ:10~30cm
    花の特徴:花は淡い紅紫色の5弁花で、花の真ん中は淡い緑色をしている。 よく似た芋片喰(イモカタバミ)は、花の真ん中が濃い紫色である。 また、雄しべの葯の色が、芋片喰(イモカタバミ)は黄色で、紫片喰(ムラサキカタバミ)は白である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ