文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ [長実雛罌粟]

誕生花
-月 -日
花言葉
ナガミヒナゲシ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月
花の色 オレンジ
名前の読み ながみひなげし
分布 原産地はヨーロッパである。
地中海沿岸地方から中部ヨーロッパにかけて分布
生育地 道端や荒地など
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 20~50センチ
分類 ケシ科 ケシ属
学名 Papaver dubium
花の特徴
茎先に花径2センチから5センチくらいの4弁花をつける。
花の色は、橙色ないし紅色である。
雄しべはたくさんある。
真ん中にある雌しべの子房は円筒形で、4本から8本の筋が放射状に伸びる。
葉の特徴
根際から生える葉はロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
茎につく葉は羽状に深く裂け、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で細長い。
それが名の由来でもある。
実には毛は生えておらず、中には種子がたくさん詰まっている。
この花について
属名の Papaver はラテン語の「papa(幼児に与える粥)」からきている。ケシの乳汁に催眠作用があるため、粥に混ぜて子どもを寝かせたという。
種小名の dubium は「疑わしい」という意味である。
その他
日本では1961年に帰化を発見。
葉や茎にはやや密に毛が生える。
漢字では「長実雛芥子」とも書く。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ナガミヒナゲシ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する