文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナスタチウム(キンレンカ)

ナスタチウム(キンレンカ)

誕生花
5月 11日
花言葉
光の導き
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 4月5月6月7月8月9月10月11月
花の色 オレンジ
名前の読み なすたちうむ(きんれんか)
分布 原産地は南アメリカである。
ペルー、コロンビア、ブラジルなどに分布。
生育地 熱帯でも涼しい高地、庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 30~60センチ
分類 ノウゼンハレン科 ノウゼンハレン属
学名 Tropaeolum majus
花の特徴
花は長い花柄に1輪ずつつき、紅色、黄色、橙色などの5弁花を咲かせる。
葉の特徴
葉は柄が長く卵形でハスに似ている。
葉はピリッとしたわさび風味が特徴で、サラダやサンドイッチに用いると美味しい。
実の特徴
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、3つのブロックからなる。
若い実はピクルスにしたりする。
この花について
属名の Tropaeolum はギリシャ語の「tropaion(トロフィー)」からきている。葉の形を楯に見立て花の形を兜に見立てたものである。
種小名の majus は「巨大な」という意味である。
その他
園芸上は一年草として扱われる。
ナスタチウムは通称である。
和名を金蓮花(キンレンカ)という。
葉が蓮の花に似ているところからつけられた名前である。
茎は蔓状で多肉質である。
別名を凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)という。
英名をインディアンクレス(Indian cress)といい、欧米では古くから食べる薬として利用されてきた。
胃腸の機能を高めたり、貧血を改善したりするのに効果がある。
  • 花をまわして見る
  • 花をまわして見る
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • 花を動画で見る

「ナスタチウム(キンレンカ)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
4月5月6月7月8月9月10月11月
同じ月の誕生花
5月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!