文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナツツバキ

ナツツバキ [夏椿]

誕生花
6月 16日
花言葉
愛らしさ
ナツツバキ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月
花の色
名前の読み なつつばき
分布 本州の宮城県から九州にかけて分布、
海外では、朝鮮半島の南部にも分布
生育地 山地
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 5~15メートル
分類 ツバキ科 ナツツバキ属
学名 Stewartia pseudo-camellia
花の特徴
葉の脇に花径5センチから6センチの白い花をつける。
花弁は5枚である。
花弁には皺があり、外側の1枚は緑色を帯びる。
雄しべはたくさんあり、花糸は黄色い。
花は一日花で、咲いた後は花の形そのままで木の下に落ちる。
葉の特徴
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
この花について
属名の Stewartia はイギリスのビュート侯「ジョン・スチュワート(John Stuart)」の名からきている。
種小名の pseudo-camellia は「ツバキ属に似た」という意味である。
その他
寺の敷地内に沙羅双樹(サラソウジュ)として植えられることが多い。
仏教では釈迦が沙羅双樹の下で涅槃に入ったとされている。
日本では夏椿(ナツツバキ)がこの沙羅双樹(サラソウジュ)と誤認されたという。
別名を沙羅樹(シャラノキ)という。
俳句では「沙羅の花」が夏の季語である。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ナツツバキ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月
同じ月の誕生花
6月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!