文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナツユキソウ

ナツユキソウ [夏雪草]

  • ナツユキソウ
  • ナツユキソウ
花の色
開花時期 6月 7月
花の特徴
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径4~5ミリの小さな花をたくさんつける。 花の色は白である。 花弁は5枚で、形は長い卵形である。 雄しべはたくさんあり、花弁よりも長い。 雌しべは3~5本である。
葉の特徴
葉は5つから7つに手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
この花について
属名の Filipendula はラテン語の「filum(糸)+pendulus(吊り下がった)」からきている。基本種の根が小さな球を糸でつないだように見えることから名づけられた。 種小名の purpurea は「紫色の」という意味である。 品種名の albiflora は「白い花の」という意味である。
その他
京鹿子(キョウガノコ)の白花タイプである。 京鹿子(キョウガノコ)は古くから庭園などで栽培され、茶花にも利用されてきた。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 50~150センチ
分布 園芸品種
名前の読み なつゆきそう
分類 バラ科 シモツケソウ属
学名 Filipendula purpurea form. albiflora

ナツユキソウ [夏雪草]

今咲いている花

4月に咲く花

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン