文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナニワイバラ

ナニワイバラ [難波茨]

  • ナニワイバラ
  • ナニワイバラ
花の色 その他
開花時期 5月 6月
花の特徴
香りのよい大きな白い花を咲かせる。 花径7~8センチの5弁花で、真ん中には黄色い雄しべがたくさんある。
葉の特徴
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。 小葉は長さが2~4センチくらいの楕円形で、光沢がある。
実の特徴
実は偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に赤橙色に熟する。 実は生薬で金桜子(きんおうし)といい、止瀉、縮尿などの薬効がある。
この花について
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。 種小名の laevigata は「無毛で滑らかな」という意味である。
その他
日本へは江戸時代に難波商人によって持ち込まれて販売された。 それが名の由来でもある。 近畿地方から九州にかけて野生化。 蔓は長く伸びれば10メートルにも達する。 蔓には鋭い棘がある。
生育地 庭木、 山地
植物のタイプ つる性
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 原産地は中国の南部と台湾
名前の読み なにわいばら
分類 バラ科 バラ属
学名 Rosa laevigata

ナニワイバラ [難波茨]

今咲いている花

6月に咲く花

  • マーガレット(モクシュンギク)

    色: ピンク
    大きさ:50~150センチ
    花の特徴:白い可憐な花を咲かせる。 中央の管状花は黄色である。 花径は5センチくらいである。 次々に花を咲かせて長く楽しめることから、広く親しまれて身近な花になった。 現在では、春菊(シュンギク)と交配して作りだされた黄色の花や桃色の花もある。 また、一重咲き、八重咲きと形状もさまざまである。

  • ヤマツツジ

    色:
    大きさ:1~4m
    花の特徴:花の色は朱色のものが多いが、赤味が強いものもある。 花冠は花径4、5センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。 裂片には丸味がある。 裂片のうち一番上のもの(上弁)には、濃い斑点がある。 雄しべは5本あり、長く伸びて先が上に曲がる。 白っぽい花粉は数珠のようにつながり、虫に運ばれやすいようになっている。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ