文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナンキンハゼ

ナンキンハゼ [南京黄櫨]

誕生花
-月 -日
花言葉
ナンキンハゼ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月
花の色
名前の読み なんきんはぜ
分布 原産地は中国、東南アジア
生育地 街路樹、公園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 15メートル
分類 トウダイグサ科 シラキ属
学名 Sapium sebiferum
花の特徴
枝先に長い穂状の花序がつく。
穂のように見えるのは雄花で、その根元付近に2~3個の雌花がつく。
葉の特徴
葉は菱形状の卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋に熟し、3つに弾けて、白い蝋に包まれた種子が顔を出す。
この花について
属名の Sapium はラテン語の「粘る」からきている。この属の1種からトリモチを採ったことから名づけられた。
種小名の sebiferum は「脂肪のある」という意味である。
その他
和名の由来は、中国原産であり、黄櫨(ハゼノキ)と同様に樹皮から蝋をとることにちなんでいる。
ただし、黄櫨(ハゼノキ)はウルシ科である。
秋の紅葉が美しい。街路樹や公園によく植えられている。
赤だけだなく黄色や紫、緑の混じった複雑な色になる。
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2

「ナンキンハゼ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!