文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ナンキンハゼ

ナンキンハゼ [南京黄櫨]

  • ナンキンハゼ
  • ナンキンハゼ
花の色
開花時期 6月 7月
花の特徴
枝先に長い穂状の花序がつく。 穂のように見えるのは雄花で、その根元付近に2~3個の雌花がつく。
葉の特徴
葉は菱形状の卵形で、互い違いに生える(互生)。 葉の先は尾状に尖る。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。 秋に熟し、3つに弾けて、白い蝋に包まれた種子が顔を出す。
この花について
属名の Sapium はラテン語の「粘る」からきている。この属の1種からトリモチを採ったことから名づけられた。 種小名の sebiferum は「脂肪のある」という意味である。
その他
和名の由来は、中国原産であり、黄櫨(ハゼノキ)と同様に樹皮から蝋をとることにちなんでいる。 ただし、黄櫨(ハゼノキ)はウルシ科である。 秋の紅葉が美しい。街路樹や公園によく植えられている。 赤だけだなく黄色や紫、緑の混じった複雑な色になる。
生育地 街路樹、公園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 15メートル
分布 原産地は中国、東南アジア
名前の読み なんきんはぜ
分類 トウダイグサ科 シラキ属
学名 Sapium sebiferum

ナンキンハゼ [南京黄櫨]

今咲いている花

7月に咲く花

  • ミズバショウ

    色:
    大きさ:60~100センチ
    花の特徴:葉の展開に先立って花柄を伸ばし開花する。 白いのは花ではなく仏炎苞(棒状の花を包み込む苞を仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)で、本当の花は中心部の黄色いところについている。 これは肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)と呼ばれる。

  • アマランダ

    色:
    大きさ:120~150cm
    花の特徴:花径は3~5cm程度。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ