文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ニゲラ(クロタネソウ)

ニゲラ(クロタネソウ)

誕生花
-月 -日
花言葉
未来夢で逢いましょう
ニゲラ(クロタネソウ)
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 5月6月7月
花の色 ピンク
名前の読み にげら(くろたねそう)
分布 原産地は地中海沿岸地方。
日本へは江戸時代に渡来。
生育地 庭植え
植物のタイプ 一年草
大きさ・高さ 40~80センチ
分類 キンポウゲ科 ニゲラ属
学名 Nigella damascena
花の特徴
白、ピンク、ブルーなどの花を咲かせる。
花弁は退化していて密腺状となる。
花弁のように見える5枚のものは萼片である。
花の色は白、青、黄色、紫色などで、八重咲きのものもある。
雄しべは5本である
葉の特徴
葉は細かく裂けて糸状となり、互い違いに生える(互生)。
実の特徴
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
黒色の種子があるのが特徴である。
この花について
属名の Nigella はラテン語の「Niger(黒い)」からきている。
種小名の damascena は「(シリアの)ダマスカスの」という意味である。
その他
和名は黒種草(クロタネソウ)という。
学名のニゲラ・ダマスケナの名でも流通している。
英名はラブインアミスト(Love-in-a -mist)である。
「霧の中の恋人」という意味で、洒落た名前になっている。
多くの園芸品種がある。

「ニゲラ(クロタネソウ)」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
5月6月7月
同じ月の誕生花

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!