文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ニチニチソウ

ニチニチソウ [日日草]

誕生花
7月 30日
花言葉
積み重ねしるし
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする
  • pinterestでシェアする
開花時期 6月7月8月9月
花の色 ピンク
名前の読み にちにちそう
分布 原産地はマダガスカル。
日本へは江戸時代の中期に渡来。
生育地 庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 20~50cm
分類 キョウチクトウ科 ニチニチソウ属
学名 Catharanthus roseus (=Vinca rosea)
花の特徴
茎先や上部の葉の脇に花をつける。
花径は3~4センチくらいで、先が5つに裂け5弁花のように見える。
花の色は赤や白のほかに、白に赤目、ピンク、濃いピンクなどがある。
葉の特徴
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざはない(全縁)。
表面には艶がある。
実の特徴
花の後にできる実は細長いさや状の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
この花について
属名の Catharanthus はギリシャ語の「catharos(純粋な)+anthus(花)」からきている。
種小名の roseus は「バラ色の」という意味である。
その他
熱帯では年中花をつける多年草であるが、温帯では一年草として扱われる。
名の由来は、一日ごとに新しい花をつけることからきている。
旧学名のビンカの名でも流通している。
全草にアルカロイドを含み、特に抗悪性腫瘍薬として注目されている。
  • 花をまわして見る
  • PHOTO 1
  • PHOTO 2
  • もっと見る
  • 花を動画で見る

「ニチニチソウ」に関連する花を見る

開花時期が同じ花
6月7月8月9月
同じ月の誕生花
7月の誕生花一覧

他の条件で花を探す

開花時期

条件を変更する
お探しの花が見つからない場合は教えて!gooでみんなに質問!