文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ニワウメ

ニワウメ [庭梅]

  • ニワウメ
  • ニワウメ
花の色
開花時期 3月 4月
花の特徴
葉に先立って淡い紅色の花をつける。 花びらは5枚で、花の中央にたくさんの雄しべがあり、真ん中に緑色の子房(果実や種子ができるところ)が見え、そこから雌しべの花柱が伸びている。
葉の特徴
葉は互い違いに生える(互生)。 葉の形は卵形で先が尖り、縁のぎざぎざ(鋸歯)は「重鋸歯」である。 重鋸歯というのは、ぎざぎざの中にぎざぎざがある二重の鋸歯を指す。 葉の表面は緑色で毛がなく、裏面には毛がある。
実の特徴
直径1センチくらいの丸い核果(水分を多く含み中に種が1つある)が7~8月ころに赤く熟する。 生で食べることができ、果実酒ともされる。
この花について
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。 種小名の japonica は「日本の」という意味である。
その他
万葉集にも唐棣花(はねず)の名で詠まれている。 種子は生薬名を郁李仁(いくりにん)といい、便秘薬とされる。 根は郁李根(いくりこん)といい、歯ぐきが腫れたときに効く。 株立状になる。
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 1~2メートル
分布 中国の北部と朝鮮半島に分布。 日本へはかなり古い時代に渡来。
名前の読み にわうめ
分類 バラ科 サクラ属
学名 Prunus japonica

ニワウメ [庭梅]

今咲いている花

4月に咲く花

  • ハイブリッドツツジ

    色: ピンク
    大きさ:200~300cm
    花の特徴:小輪房咲き

  • マツバウンラン

    色:
    大きさ:10~60センチ
    花の特徴:茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、唇形をした青紫色の小さな花をつける。 花冠は上下に深く2つに裂ける。 花径は1センチくらいである。 雄しべは4本あり、そのうちの2本が長い。 雌しべは1本である。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ
花フォトコン
花フォトコン