文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ニワザクラ

ニワザクラ [庭桜]

  • ニワザクラ
  • ニワザクラ
花の色
開花時期 4月 5月
花の特徴
一重咲きの庭梅(ニワウメ)の近縁種で、八重咲きである。 花の色は、淡い紅色のものと白いものがある。 花径は15~20ミリくらいである。
葉の特徴
葉は長い楕円形ないし披針形で、互い違いに生える(互生)。 葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
実の特徴
結実はしない。
この花について
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。 種小名の glandulosa は「腺のある」という意味である。
その他
古名を「はねず」といい、万葉集にも詠まれている。 今は庭や公園になどに植えられている。
生育地 庭木、 公園樹
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 100~150センチ
分布 原産地は中国。 日本へは古い時代に渡来。
名前の読み にわざくら
分類 バラ科 サクラ属
学名 Prunus glandulosa

ニワザクラ [庭桜]

今咲いている花

5月に咲く花

  • カラタチ

    色:
    大きさ:2~4メートル
    花の特徴:葉の出る前に花が咲く。 白い5弁花である。

  • リーガース・ベゴニア(エラチオール・ベゴニア)

    色: ピンク その他
    大きさ:10~50cm
    花の特徴:一重・半八重・八重があり、性状も直立系や下垂傾向を示すものなど多様で、直立性で一重のものをシュヴァベンラント系、下垂で八重のタイプをアフロダイテ系と呼んでいる。大輪花の球根ベゴニアに似たタイプのものや、中輪花のものなど様々ある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ