文字サイズを変更

  1. 図鑑
  2. ニワナナカマド(チンシバイ)

ニワナナカマド(チンシバイ) [庭七竈]

  • ニワナナカマド(チンシバイ)
  • ニワナナカマド(チンシバイ)
花の色
開花時期 6月 7月 8月
花の特徴
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、白い小さな花をたくさんつける。 花径は5~7ミリくらいで、花弁は5枚である。 萼片は5枚で反り返る。 雄しべは20本である。 柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)は5つに裂ける。
葉の特徴
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。 小葉の形は披針形である。 近縁種の穂咲き七竈(ホザキナナカマド)と比べ、葉先が尾状に尖る点が異なる。 葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
実の特徴
花の後にできる実は円柱形の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
この花について
属名の Sorbaria は属名の「Sorbus(ナナカマド属)」からきている。葉が似ていることから名づけられた。 種小名の kirilowii は採集家「キリロフの」という意味である。
その他
別名を珍至梅(チンシバイ)という。
生育地 庭木
植物のタイプ 樹木
大きさ・高さ 3~4メートル
分布 原産地は中国の北部
名前の読み にわななかまど(ちんしばい)
分類 バラ科 ホザキナナカマド属
学名 Sorbaria kirilowii

ニワナナカマド(チンシバイ) [庭七竈]

今咲いている花

7月に咲く花

  • シナワスレナグサ(シノグロッサム)

    色: ピンク
    大きさ:40~50センチ
    花の特徴:立ち上がった茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、勿忘草(ワスレナグサ)に似た青い小さな花をたくさんつける。 花冠は同様に5つに深く裂けるが、花の真ん中は勿忘草(ワスレナグサ)のように黄色くはない。 園芸品種も多く、花の色には白やピンク、紫色などのものもある。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ