文字サイズを変更

コノハナナニ
  1. 図鑑
  2. ニーレンベルギア

ニーレンベルギア

  • ニーレンベルギア
  • ニーレンベルギア
  • ニーレンベルギア
花の色
開花時期 5月 6月 7月 8月
花言葉
心が和む
花の特徴
大きさは2cm程度で、カップ型をしている。
その他
スペインの植物学者「ニエレンベルグ」の名にちなんで名付けられた。別名ギンパイソウ(銀盃草)と呼ばれることもある。
生育地 鉢植え、庭植え
植物のタイプ 多年草
大きさ・高さ 10~30cm
分布 熱帯アメリカ原産
名前の読み にーれんべるぎあ
分類 ナス科 ニーレンベルギア属
学名 Nierembergia

ニーレンベルギアの360度画像ビューワー

ニーレンベルギアの画像ビューワー1

ニーレンベルギア

今咲いている花

8月に咲く花

  • ヘクソカズラ

    色:
    花の特徴:葉の脇から短い集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、白い花を疎らにつける。 花冠は長さ10ミリくらいの釣鐘形で、先は5つに裂ける。 筒部は白く、中央が紅紫色をしている。

  • ヤナギハナガサ(サンジャクバーベナ)

    色:
    大きさ:50~150cm 茎は直立をする。 茎の断面は四角形で毛が生えており、中空である。
    花の特徴:茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を散房状(花序の上部がほぼ平らになる)に出し、小さな紅紫色の花をたくさんつける。 花序径は3センチから4センチくらいである。 花径は3ミリから5ミリくらいの筒状花で、長さは1センチくらいあり、先が5つに裂ける。 花冠の外側には白い開出毛(ほぼ垂直に立っている毛)が生える。

他の条件で花を探す

開花時期

開花月を選ぶ